img_6330img_6307

「KINECTを活用した新しい上肢機能評価・訓練システム」を試験的に実施しております。

脳梗塞などの脳血管障害の患者様に対する最新のリハビリテーションとして、KINECTを活用した上肢機能訓練を実施しています。これまでは机上で2次元的にしかできなかった訓練が3Dモニターを使用して3次元的に行うことができます。長崎大学の東教授が取り組まれている研究を、先生の指導を下にリハビリテーションの臨床場面で試験的に使用しております。患者様も興味津々でリハビリテーションに取り組んでおられます。

img_6318img_6317

脳血管障害の患者様に対して「視覚的無視症状に対する聴覚的空間探索訓練」を実践しております。西九州大学の松尾先生がされている研究をリハビリテーションの臨床場面で松尾先生の協力の下に実施しております。これまでは視空間的刺激による半側空間無視に対するリハビリテーションが中心でしたが、聴覚的な探索課題を用いた新しいリハビリテーションの介入を検討しています。

九州理学療法士・作業療法士合同学会(鹿児島)に参加してきました。今回は退院から訪問リハビリ及び外来にて連携し、著明な改善を示した事例について報告致しました。主に上肢及び下肢についての装具に関する内容と連携についての発表が中心でしたが、その他の施設のスペシャリストに意見を頂きながら有意義な発表をすることが出来ました。これからも患者様が安心して退院後も生活できるように、今までの問題点を改善していきながらより一層頑張っていきたいと思います。

OT松本康宏%e5%90%88%e5%90%8c%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e3%80%80%e5%9b%b3img_5431

mp%e3%80%80%e5%9b%b3リハビリテーションに関する研究を掲載している国際誌に当院での外来リハビリテーションの効果に関する論文が採択されました。脳血管障害の方1名に運動イメージを使用した作業療法を行い、6週間後に手の動きや日常生活の一部に改善が認められたことをシングルシステムデザインで報告しています。何より、症例の方のモチベーションの高さが功を奏し、作業療法を有効に実施することが出来ました。

秋の足音が、まだまだ遠くに聞こえるくらい、暑い日が続いていますね。

夏のメニューを振り返りつつ、秋冬メニューにシフトチェンジしていきます。

お寿司は、みなさんに喜ばれるメニューです。いろいろと変化をつけて召し上がって頂いてます。

%e8%a1%8c%e4%ba%8b%e9%a3%9f%e3%81%82%e3%82%8c%e3%81%93%e3%82%8c8-10

ページ先頭へ戻る