52回作業療法学会(名古屋)にて長崎市在宅支援リハビリセンター推進事業についての当院の取り組みを報告して来ました。他県の行政の方や地域リハビリテーションに取り組まれている施設の方と意見交換ができて、大変有意義な機会になりました。まだ事業が開始され1年程度ですが、事業を通しての効果や成果をしっかりと示せるように他施設の方と協力して取り組んでいきたいと改めて思いました。地域の方や介護従事者の方へリハビリテーション専門職として貢献できることを目指して、より良い活動をしていけるよう頑張りたいと思います。

ot1 ot2 ot3

残暑が厳しく、まだまだ夏バテが心配される今の時期。しっかり食べて体力を保つ事が夏バテ予防に繋がります。しっかり食べると言っても、麺類やアイス等さっぱりした物ばかりでは栄養のバランスが偏り、暑さで消耗した体力はなかなか回復しません。三原台病院では食欲が落ちるこの時期にこそ「食べたい!」と思っていただける様な夏メニューを多く取り入れています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c-png1

九州理学療法士・作業療法士合同学会(宮崎県にて開催)に理学療法士の大山が参加してきました。今回は以前紹介したKinectを用い、バーチャルリアリティー環境下での上肢機能訓練の効果について報告を致しました。当院に入院された患者様にご協力を頂き、自主訓練の1つとして実施し、有用な効果を得ることができました。発表の際には聴講して頂いた他病院や施設の方々より「ベッドサイドや外来リハの場面まで、幅広い分野で使ってみたい」との意見を頂きました。今後も長崎大学と協力して臨床での効果を示し、よりよい訓練プログラムを開発していきたいと思います。

img_8298-%e5%90%88%e5%90%8c%e5%ad%a6%e4%bc%9a

朝晩は涼しく過ごしやすくなり、秋が深まってきた事を感じます。

「実りの秋」と言う言葉の通り、様々な食材が旬を迎える秋。

旬の食材は美味しいだけではなく、栄養価も高くなると言われています。

秋が旬の食材としては

秋刀魚、さつま芋、きのこ類、柿、梨など豊富にあります。

 

今回の栄養士だより「いろどり」のテーマは”栄養のバランス”についてです。

色々な食べ物が美味しくなるこの季節に、暴飲暴食は禁物。

しっかりバランスの取れた食事がとれるようにしたいものです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

春の日差しが暖かくなり、鮮やかな春野菜が美味しい季節になりました。

新年度は心機一転、新しい事を始める良い機会です。

昨年1年間は四季折々の行事食をご紹介してきましたが

今年度は栄養士だより「いろどり」を発信していきます。

食べることにおいて、味・匂いと同じように大切なのが料理の見た目「いろどり」

と言われています。

野菜の緑、肉や魚の赤、卵の黄色等、全ての食べ物はいろどりに溢れています。

栄養士の視点から様々な「いろどり」ある情報を発信していきたいと言う思いを

この名前に込めました。

 

第一回目の「いろどり」は食事の形態についてです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

ページ先頭へ戻る